専業主婦キャッシングできる?今すぐお金を借りたい

MENU

専業主婦キャッシングできる?今すぐお金を借りたい

旦那の給料で家計のやりくりをしている専業主婦でも、友達との付き合いなど急な出費でお金が必要になることがあります。

 

しかし旦那に相談したら、無駄遣いだと咎められることがあります。

 

そんなときはどうすればいいのかというと、消費者金融が提供しているキャッシングサービスを利用すればいいでしょう。

 

キャッシングは、働いて安定した収入がある人でなければ借りることができないと思いがちですが、

 

実は専業主婦でもキャッシングサービスを利用してお金借りれることができます。

 

なぜなら、旦那の給料で生活しているということは、旦那さんが安定した給料を稼いでいることにつながりますから、

 

拡大解釈をすれば、専業主婦も安定した収入を得ているということになるからです。

 

安定した収入とは、正社員だけでなく、派遣社員はパート、アルバイトなどの雇用形態で働いている場合でも認められています。

 

アルバイトなどは急にやめたりする人も少なくありませんから、そう考えると専業主婦といのは、安定した収入があり、さらに社会的な信用もあるといえます。

 

そのためキャッシングサービスを利用できるようになっています。

 

そこで気になるのが、キャッシングサービスを利用することができても、旦那にばれずにお金借りれるかどうかということです。

 

簡潔に言うと、旦那にばれずにお金を借りることはできます。

 

なぜなら、キャッシングサービスを申し込んだのが専業主婦の場合、審査対象は旦那の年収や給料などになりますが、

 

あくまでも契約は奥様になるので、旦那といえども会社側がキャッシングサービスを申し込んだことなどを伝えることはありません。

 

近年は個人情報を保護する観点から、お金に関することも厳しい守秘義務が設けられているので、秘密はしっかり守られています。

 

そのため、旦那にばれることなく、借り入れから返済まで行うことができます。

 

キャッシングサービスを申し込むときは、サービスを提供している会社に出向くこともできますが、各地に設置されている無人契約機を利用したり

 

さいきんではもっと簡単に契約できるようにインターネットからも申し込むことができます。

 

インターネットで申し込めば、身分を示す運転免許証と旦那の給料明細をデータでおくることで、すぐに審査を受けることができます。

 

審査が通れは、キャッシングサービスを申し込んだその日にでも融資を受けることができます。

 

インターネットで申し込めば紙の書類がありませんから、旦那にばれる心配もありません。

 

ワーキングマザーはお金借りれる?専業主婦はカードローンで借り入れできない?

 

キャッシングやカードローンの申し込み条件は性別や職種に関係なく、満20歳以上の成人で安定した収入が得られる状況にあることが原則です。

 

したがって、仕事をしながら子育てをしているワーキングマザーは、借入希望金額が自らの手で得ている収入に見合うものであれば、審査を経てお金を借りることができるでしょう。

 

ただし、信用情報機関に事故情報が登録されていると確実に融資を断られるほか、複数の金融業者から借り入れを行っていたり、借入残高がまだたくさん残っていると審査を通過できない可能性が出てきます。一方、専業主婦はそもそも自分で得ている収入が無いため、キャッシングやカードローンに申し込みをしたとしても原則として審査を通ることは不可能です。

 

 

しかし、どうしても必要なお金があってキャッシングやカードローンを利用したい場合は、貸金業法で定められている配偶者貸付と呼ばれる制度を利用すれば、登録貸金業者から融資が認められる可能性があります。現在の貸金業を規制する法令では、個人が登録業者から貸付を受けることができる金額が年収の3分の1までに制限されています。この規定に照らし合わせると専業主婦が借り入れられる金額は当然ゼロであり、どこからも貸付を受けることはできません。

 

しかし、配偶者貸付を利用することができれば、例外として夫婦の年収の合計の3分の1に相当する額まで借り入れが認められるようになります。

 

配偶者貸付を用いてキャッシングやカードローンを利用するためには、通常の申し込みに必要な書類に加えて、配偶者からお金を借りることに関して同意を得られていることを証する書面、配偶者の収入証明書類、婚姻関係を証明する書類の3点を業者に提出する必要があります。

 

同意書については申込先の貸金業者が指定する様式を用いて作成し、配偶者の収入証明書類は会社勤めの人や公務員であれば源泉徴収票や給与明細を、個人事業主であれば確定証明書や所得証明書を用意します。婚姻関係の証明は、自治体の役場から戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)を手に入れて利用しましょう。

 

配偶者貸付の審査では当然、配偶者の収入や信用情報がチェックされます。そのため、通常の借入時と同様に、配偶者の事故情報が信用情報機関に載っていたり、得ている収入が不安定だったりすると貸付を断られてしまうので注意が必要です。

 

なお、上記で専業主婦について述べたものは、専業主夫と置き換えても同様です。

 

シングルマザーは母子福祉資金でお金を借りれる?具体的な基準とは

 

母子家庭は経済的な不安を抱えたり、シングルマザーだからキャッシングできないと悩んでいる方も多いです。そこで、シングルマザーなど母子家庭を支援する制度として「母子福祉資金」というものがあり、これを利用すれば金利ゼロ、もしくは超低金利でお金を借りることができます。

 

母子福祉資金は、ひとり親家庭の方々が経済的に自立して安定した生活を送るために必要とする資金を貸すこと、ひとり親が扶養している児童の福祉を増進することを目的としているため、無利子〜年利1%程度で借りられるので返済の負担が少ない・返済期間が3年〜20年間までと長い(資金の種類によって異なる)・連帯保証人が見つからない場合でも借りられる(この場合は1.5%の有利子)と、良心的な仕組みになっています。

 

対象者は、シングルマザーで扶養の中に20歳未満の子がいる場合に利用できます。例えば兄が21歳でも弟が19歳なら貸付けを受けることができます。

 

貸付の条件は、シングルマザーでも生活状況が厳しくこの資金を必要としているひとり親家庭であること・資金の目的に沿って正しく使い目的を達成できそうであること・返済計画に沿ってきちんと返済できそうであることを証明する必要があります。認められなければ貸付てもらうことはできません。また、学校や修業機関のための資金貸付については、入学試験合格が申請の条件となります。このため学校等への支払い期日までに貸付を受けられないことがあります。

 

母子福祉資金には12種類の資金がありますが、利子や連帯保証人に関しては資金により2種類に分けられています。修学資金・修業資金・就職支度資金・就学支度資金を借りる場合、親に貸し付ける場合は子が連帯債務者となり連帯保証人は必要ありません。無利子で借りられます。

 

事業開拓資金・事業継続資金・技能習得資金・医療介護資金・生活資金・住宅資金・転宅資金・結婚資金を借りる場合、連帯保証人がいれば無利子で借りられます。連帯保証人が見つからない場合でも必要が認められれば、連帯保証人無しで借りることができます。金利は年1%です。

 

貸付申請の前には事前相談が必要です。事前相談や申請は随時受け付けておりますが、申請受付から貸付の可否決定及び貸付金振込みまで約1ヶ月半から2ヶ月半程度の期間を要しますので、余裕をもって早めに相談しましょう。そして貸付の申請書類を作成し、書類審査を受けて結果を待ちます。

 

 

 

母子家庭の人がお金を借りるには 母子家庭貸付制度審査について知っておいてください

 

母子家庭は、夫と別れた理由に関わらず一般的には経済的に困窮する家庭が多い傾向にあります。比較的豊かな国と言われている日本でも母子家庭の経済的困窮は深刻な問題となっており、離婚率の上昇で母子家庭は増えているのにもかかわらず経済的には少ない収入で生活することを強いられる家庭も又増えているのが実情です。

 

シングルマザーが子どもを育てる時には国や行政から様々な支援を受けることが出来ますので、給付金や無料で使うことができるサービスも一般家庭より多いメリットがあります。

 

又、転居や失業、子供の進学などでまとまったお金が必要になったものの捻出するお金がないという方には母子家庭貸付制度があるため、無利子または低金利で融資を受けることが可能です。

 

母子家庭貸付制度は、審査を受けることで規定範囲内の融資を受けられる制度ですが、フリーローンのキャッシングとの違いとしては用途が限られていたり必要な書類が多い点があります。

 

キャッシングの場合、必要なものは運転免許証だけというケースもありますが、母子家庭貸付制度の場合には審査に膨大な書類が必要になりますし、ある行政を一例にあげると使途がいくつかに分かれており、技能習得期間中、医療介護期間中、生活安定貸付、失業期間中といったようにカテゴリー分けされています。

 

このようにカテゴリー分けされている上にそれぞれ必要な書類は異なり、上限とされる金額もそれぞれ違います。収入の上限もありますので、前年度の収入が上限を超えている場合には申込することが出来ません。

 

キャッシングでは多くのケースで安定した収入があれば融資を受けることが出来ますし、即日融資が可能なのに対して母子家庭貸付制度では最短でも1か月先かそれ以降になってしまいますので、急いでお金が必要という時には最適なサービスという事は出来ません。

 

一般的にキャッシングでは安定した収入があれば職業などはあまり問われずに融資を受けることが出来ますし、母子家庭でも収入があったり他社の多重債務を負っていない限りは融資を受けられます。しかし、金利面で優遇されている制度といえば母子家庭貸付制度を知っておいた方が断然お得ですので、用途が決まっていて融資を受けたいという場合には申し込んでみてはいかがでしょうか。

 

すぐに貸し付けは受けられませんが、例えば数か月先の転居や入院、子供の進学といった用途で低金利で融資を受けたい方に最適の制度と言えます。

 

 

厚生労働省が提供する母子寡婦福祉資金貸付金で審査落ちする人の特徴 確実に借りれるのか 審査緩いというのは本当?

 

母子寡婦福祉資金貸付金は、母子家庭または父子家庭で県または市町村から無利子か低利子で融資を受けることができる制度です。

 

一般的に母子家庭では金銭的に余裕がない家庭が多い傾向にあり、生活費や進学資金が足りない時にはキャッシングやカードローン、各種銀行ローンなどを利用するのが一般的ですが、この制度を利用すると保証人を用意できれば無利子、できない場合でも低金利で融資が受けられます。

 

母子寡婦福祉資金貸付金を利用するためには消費者金融やカードローンなどに比べるといくつかの注意点があります。

 

まず収入に上限がありますので、それ以上の収入がある場合には融資を受けることが出来ません。現時点でお金がない場合でも、前年度の収入が高かった場合には申し込みをする資格がありません。;

 

確実に借りられるかについては審査がありますので審査に通れば借りることが出来ます。

 

又、用途を限って融資を受けるためあらかじめ何のためにいくら必要なのかを提示する必要があるのもフリーローンとの違いです。審査落ちするという事は申し込みの時点では条件を満たしていたことが考えられますが、申告内容に虚偽の内容があった場合には審査を通過できない可能性が高くなります。

 

保証人についてはいた場合には無利子で融資が受けられますのでキャッシングに比べるとかなり返済は楽になりますが、いなくても1.5%程度とキャッシングやカードローンの日にならないほどの低金利ですのですぐに融資が必要という人でなければ利用したほうがお得です。

 

この制度は、キャッシングのように即日融資が受けられるものではなく、最低でも1か月かそれ以上先にうけられる融資です。

 

そのため、すぐにお金が必要という人には適していません。たとえば引越しをするための費用や子供の進学のために数か月分の費用が必要といったように用途をあらかじめ特定して申請するのがフリーローンとの違いですので、金額設定が高すぎると審査落ちしてしまうことがあります。

 

それぞれの用途に合わせて限度額が設定されていますので、その範囲内で申請する必要がありますが、常識的な金額で前年度に安定した収入があり、それが上限を上回っていない場合には審査はそれほど厳しくはなく、一般的には融資が受けられると考えてよいでしょう。

 

金額の設定を高くしすぎたり前年度の収入が殆どないという場合には審査が通らない場合がありますので、まずは単層者に相談することをおすすめします。

 

 

母子父子寡婦福祉資金の返済について どうしてもお金がないので返済スケジュールのリスケは可能?

 

日本では母子家庭や父子家庭が増えています。

 

夫婦が共働きで生活を支えていた家庭の場合、離婚などでひとり親家庭になってしまうと収入が減ってしまい生活が大変になることが多いです。特に母子家庭の場合は資金面で苦労する傾向があります。

 

ひとり親家庭の資金調達手段となるものが母子父子寡婦福祉資金という貸付制度です。

 

母子父子寡婦福祉資金は貸付制度なので返済する義務がありますが、子供の教育費のために使う場合は無利子で借りられます。

 

消費者金融のキャッシングでお金を借りてしまい、生活が苦しくなって困っている人は多いです。

 

生活に困って消費者金融でお金を借りると一時的に急場はしのげるものの、高い利息を払い続けることになりさらに借金を重ねる人もいます。

 

母子父子寡婦福祉資金であれば無利子なので、返済も楽です。国の制度ではなく都道府県単位の制度ですが、消費者金融で資金を調達するよりも安心です。

 

母子父子寡婦福祉資金の対象は母子家庭や父子家庭、寡婦です。

 

この貸付制度を利用するには条件があり、所得が多いと利用することはできないです。

 

上限については貸付制度によって異なります。

 

母子父子寡婦福祉資金の申請には必要な書類があるので、申請を行う前に準備しておきます。

 

貸付申請書や返済計画書、個人情報の取扱いに係る同意書は役所でもらいます。

 

年収を証明するものや戸籍謄本、世帯全員の住民票も必要です。

 

母子父子寡婦福祉資金を受けるには審査があります。審査では返済できるかどうかを審査するので、返済計画書が重要です。

 

満額の場合返済が難しい場合は、限度額を下げることで審査に通ることがあります。

 

就学支度資金や就職支度資金など一部の資金については、子供が借主として申請することが可能です。

 

返済能力のある親または第三者を保証人に立てることで、子供でも申請できます。

 

母子父子寡婦福祉資金を受けたい場合は、必ず事前に申請書を福祉事務所などに提出しておきます。

 

子供の教育に関する資金であれば原則無利子で借りることができ、それ以外の場合でも連帯保証人がいれば無利子で借りることができる母子父子寡婦福祉資金は、保証人がいない場合でも低い年利で借りることが可能です。

 

多くの母子家庭や父子家庭がこの貸付制度を利用していますが、中には返済できなくなる人もいます。

 

返済できなくなると、自治体から催促状が送られます。書面で催促しても返済されない場合は自宅訪問や電話によって催促されます。それでも滞納していると給料や預金、不動産などの差し押さえもあるので注意が必要です。