オリックス銀行審査 正直かどうかが確認される事になる

MENU

オリックス銀行審査 正直かどうかが確認される事になる

 

金融商品の申込をする際には、虚偽は禁物です。

 

間違った内容を金融会社に送ってしまいますと、信用の問題にも関わってしまうからです。

 

そしてオリックス銀行カードローンも、それは同じです。

 

この銀行に対して申し込みをする時には、まずWEB媒体で様々な情報を打ち込んで、情報を送信する事になるのですね。

 

その際に気をつけるべきなのが、嘘をついてはならない点です。

 

例えばこの銀行の基準の1つに、年数があります。

 

一般的にはお勤めの年数が長い方が、

 

この銀行から借りやすい傾向がありますので、人によってはちょっと嘘をついている事もあるようです。

 

つまり実際には勤めている年数が1年にも満たないにもかかわらず、3年と記載している方の中にはいらっしゃるようですね。

 

しかし、それは行うべきではありません。この銀行は、必ず情報の正確さというものを確認しています。

 

嘘をついている情報は銀行に伝わってしまいますので、それで落とされてしまう事例もしばしば見られます。

 

ですので年数が1年に満たないのであれば、それは正直に記入するべきでしょう。

 

もちろん勤めている年数に限らず、年間所得や住所なども同様です。

 

つまりこの銀行での審査基準の1つは、「正直か否か」なのですね。虚偽申告は禁物という訳です。

 

オリックス銀行カードローン増額審査の口コミ

 

最近、オリックス銀行カードローンの増額審査依頼をしました。口コミに即日は不可能と書いてありましたが、私は即日は希望をしていなかったので、特に困ることはありませんでした。まずは、オリックス銀行カードローンデスクに電話連絡を行いました。

 

そのあとの審査は、通常のカードローン審査を同じ流れになりました。ただ、普通のオリックス銀行カードローンの申し込みをするときには、インターネットから申し込みをすることができたのですが、増額審査の場合インターネットからではなく、デスクセンターにきちんと問い合わせをすることが必要になりました。

 

あと、在籍確認が行われました。その在籍確認の方法は、会社への電話連絡でした。私はそこまで会社への電話連絡が嫌だという心配はありませんでした。そのため、普通に申し込みができました。オリックス銀行カードローンは、最短だと即日審査ですが、実際に融資をしてもらえるまでには、3日くらいは期間がありました。

 

そして、融資をしてもらえるまでは、だいたい一週間くらいかかった記憶があります。急いでいるときにはおすすめではないことがわかりました。でも、融資までに、1週間くらい期間が必要にある銀行カードローンも中にはあります。そのようなことを考えると、オリックス銀行カードローンの審査は短いと感じる方もおられると思います。

 

私の場合は想像以上に簡単に増額することができました。普通に審査の結果も合格でしたし、かなりスムーズでした。普通に審査に通ったので、これに落ちる人っているのかな、と思ったくらいです。私は半年以上継続して利用をしていました。そのため、審査にも通りやすかったようです。

 

口コミをみてみると、長期的に利用をしている人であれば、オリックス銀行としても信用しやすくなるみたいです。もしも増額審査に通るか不安という人は、半年ですぐに増額審査を申し込みするのではなく、1年間など少し期間をおくことが大切だと思います。

 

また、私は返済で絶対に遅延をしていません。遅延をしてしまうと、信用情報に記録もされてしまいますし、注意が必要だと感じます。

 

こちらでは、300万円の限度額までは収入証明書は必要ありませんが、提出をすることで増額審査には通りやすくなると口コミでも見ました。そのため私は提出をしました。たとえ、収入があまり高くない人でも、現時点での収入を証明したら、その収入にあったできるだけ限度額の設定してもらうことができるようです。

 

とにかく簡単に無事に増額審査に通ることができて安心しました。もっと手続きなどがややこしいのかな、とか面倒なことが多いのかな、と心配していたのですが、口コミにかいてあった通りかなりスムーズでした。

 

ものすごくスムーズだったのでとても安心しています。増額することができたので、今後の生活に困ることもなさそうです。返済も今後絶対に遅延しないようにしないといけないと感じています。

 

 

オリックス銀行カードローン審査在籍確認について

 

オリックス銀行が提供するカードローンは、実質年利1.7〜17.8%、最高限度額800万円、最短即日審査、おまとめ・借り換え可能、来店・口座開設不要、担保・保証人不要となっており、満20歳以上69歳未満などの条件に該当することで利用をすることができます。

 

申込は、WEB申込、メールでの審査回答、在籍確認の電話、本人確認の電話、契約内容の電話、ローンカードの郵送を経て、初めてATMや振込での借入が可能となります。

 

商品は、多くのカードローン同様に担保・保証人が不要となっていますが、ここでは、提携先となる、オリックス・クレジット株式会社、もしくは新生フィナンシャル株式会社からの保証を得られる人が条件となります。

 

借入におては、ここでの保証会社の存在を把握しておく必要があり、オリックス銀行のカードローンは消費者金融や信販系カードローンとは異なり、保証会社で申込から審査完了までの手続きが行われます。

 

つまり、連絡等に関しても保証会社によって行われ、借入で多くの人が内容を気にする在籍確認も来ることになります。

 

因みに、オリックス・クレジット株式会社が扱う基準は、収入や融資枠がきちんと安定している人が該当し、新生フィナンシャル株式会社は、オリックス・クレジット株式会社の保証を受けられない人や、パート・アルバイトの人を審査の対象としています。

 

在籍確認は、申込者に記載されている勤め先に「本当に勤めているのか?」を確認するために行われ、仮に、勤め先と記載されている場所に電話が来て、受けた相手が「在籍していない」と答えた場合には審査は通らないことになります。

 

この場合、貸し手側では勤務先詐称として判断し、審査が通らないばかりか記録として残るために十分に注意をする必要があります。

 

在籍確認に関しては、通常、必要書類としては求められません。

 

オリックス銀行では、申込時必要書類として勤務関連のものに所得証明書類の写しを掲げており、仮審査では、勤めている場合には源泉徴収票で判断されることになります。

 

実際の電話による確認は、仮審査に通った後に行われます。公式サイトには「お申込が承認されたお客さまには、ご勤務先への在籍確認のため当社からお電話をさせていただきます。

 

あらかじめご了承ください。」との記載があり、保証会社から連絡が来ます。

 

注意点としては、商品自体が最短即日審査を掲げているために土日の申込があります。

 

土日などで確認が取れない場合には、審査の回答が翌営業日以降にずれ込むことになり、少しでも早く借りたいなどでは、できるだけ週の初めに申込ことがベストとなります。

 

確認で最も心配なことに、同僚や上司など、会社の人に借入が分かってしまうのではないか、という点がありますが、まず、その心配は不要となります。

 

一般的にカード会社では、社名は名乗らない、カードローン会社の電話からでなく個人の携帯から電話をする、カードローンの在籍確認のために電話していることは伏せて電話をする、などのルールを設けており、

 

電話では、個人名を使用して在籍の確認だけが行われます。

 

 

 

 

オリックス銀行カードローンは主婦でも借りれる?

 

オリックス銀行カードローンは主婦でも借りることができるのでしょうか。この答えを言うよりも前に、主婦の人、とくに専業の人がカードローンを申込もうとするときには注意が必要だということを先に説明しましょう。

 

その注意とは何かというと、総量規制というルールです。これはルールというか国が定めた法律ですので、守らないとお金を貸したほうが法律違反になります。

 

つまり、この規制違反となるようなお金を借り方はできないということになるのです。

 

総量規制には細かく言うといくつかの内容に分かれますが、最も大きいルールとしては、ある人がお金を借りようとした場合、貸すことのできるお金の上限は、その人の年収の三分の一までとするということです。

 

年収の三分の一を超えるような多額のお金を借りては、結局のところ返済に行き詰まり、返せなくなってしまうことが多いことから設けられたルールです。三分の一くらい大したことはないのではと思われるかもしれませんが、当然ながら年収の全てを返済に回すようなことはできません。

 

生活費も必要でしょうし、これくらい何とか返済できる上限だろうということです。例えば年収450万円の人であれば150万円が借りることのできる最大限のお金ということになります。

 

ここで、専業の人を考えてみましょう。専業の人の年収はどれくらいでしょうか。配偶者の収入を考えている人がいたとすればそれは当てはまりません。ここで言う年収とは世帯年収ではなくあくまで個人年収だからです。専業の場合は年収ゼロでしょう。

 

ゼロの三分の一も当然ゼロですから、なんと専業主婦の人はお金を全く借りることができませんということになるのです。

 

そんな、世帯としては十分な年収があるのに、と叫んでも無駄です。であれば世帯内の誰か他の人で個人として年収のある人がお金を借りれば済むだけのことだろうというわけです。

 

ただし、ここで注意点があります。それは、この総量規制が適用されるのは貸金業者、いわゆる消費者金融だけだということです。

 

つまり、同じお金を借りるのであっても、銀行からお金を借りる場合は総量規制は適用されません。

 

オリックス銀行は当然銀行であって消費者金融ではありませんから、総量規制は適用されず、専業であってもお金を借りることができるのです。

 

つまり、タイトルにある質問の答えはイエスだということです。

 

オリックス銀行から借りる場合、別に世帯としての年収が問われるわけではありません。

 

配偶者の同意も、配偶者の収入を証明するような書類も必要ありません。もちろん、申込みの後で配偶者に連絡が行くようなこともありません。

 

ですから配偶者には内緒でお金を借りるようなことも可能です。

 

ただ、限度額に関しては当然ながら配偶者の収入を元に計算してくれるわけではありません。

 

30万円から50万円程度と、一般の会社員などに比べると低い金額に設定されてしまうでしょうが、それでも借りることはできるのです。

 

 

 

 

オリックス銀行カードローン即日融資可能?

 

オリックス銀行のカードローンですが、即日融資、即日入金可能なのでしょうか。インターネットのウェブサイトを見ると、即日という言葉もあり、可能なようにも思えます。しかし実際のところは、即日融資は不可能なのです。

 

よくよくオリックス銀行のカードローンを確認すると、即日審査も可能というように書かれています。同じ即日であっても審査と融資、入金とでは話が違います。審査ができても、実際に融資を受けるのとは別問題だということです。

 

審査というのは、その人にお金を貸してよいかどうか、貸せるとするならいくら貸せるのかを評価、判断することです。

 

申込書に記載された内容はもちろんのこと、信用情報機関に問い合わせを行ったり、あるいは申込者の勤務先に電話をかけたりして、この人にお金を貸してきちんと返してくれそうか、いくらまでならきちんと返済できそうかということを決めるわけです。

 

ここで審査の結果が出て、めでたく通過したとします。

 

しかしその場合でも、審査の結果と同時に融資のお金を受け取れるわけでは決してないのです。

 

審査の通過から実際の融資までには、ローンカードの受け取り、受け取ったローンカードで提携しているATMからお金をおろすという流れになります。

 

ここで最も時間のかかるのはローンカードの受け取りです。オリックス銀行の場合、ローンカードは郵送により送付されてきます。

 

誰でも知っているとおり、郵便物というのは発送したその日のうちに届くようなことはありません。

 

速達であっても一般的には困難でしょうし、そもそも速達での送付でさえないからです。

 

ローン会社によっては、ここに要する時間の短縮のために、

 

ローンカードの受け取り方法として郵送ではなく窓口や無人契約機への来店が選択できる会社もあります。

 

もしこれができれば審査通過後すぐにローンカードを受け取ることもできるのですが、残念ながらオリックス銀行はこの方法には対応していないのです。

 

ローンカードの受領方法としては郵送しかありません。

 

ここが即日でない以上、即日の融資はどうあがいても受けられないということになってしまうのです。

 

郵送には2, 3日は見込んでおく必要があるでしょう。

 

であれば、実際に融資を受けられるのはその後ということになってしまいます。

 

なお、一応注意しておきますと、審査に関しても即日も可能とされているだけであって、

 

どんな人であっても、どんな場合であっても即日審査が完了することを保証してくれているわけではないことです。

 

場合によっては審査に2日以上かかることも十分ありえます。

 

これらを総合して言えることは、即日融資、即日入金を受けたいときは、オリックス銀行以外の別のローン会社を選ぶ必要があるということです。

 

今では多くの消費者金融が即日融資にまで対応しています。

 

いずれにしても、即日という言葉だけに惑わされず、融資まで受けられるか、入金まで受けられるかをしっかり確認してから申込むようにしましょう。

 

 

 

 

 

オリックス銀行カードローンの金利はほかの銀行キャッシングと比べて高い?

 

オリックス銀行カードローンの金利は他の銀行キャッシングと比べて高いのでしょうか。これは、融資を受ける金額によるというのがおそらく正解となるでしょう。100万円未満の比較的少額を借りる場合には、確かに他の銀行のほうが安いことはあるかもしれません。

 

一方で、より多額のお金を借りる場合、例えば200万円や300万円、あるいはさらに多額のお金を借りる場合には、他の銀行と比べて低くなることもあるでしょう。

 

大雑把な話をしたところで、より詳しく見ていきましょう。オリックス銀行で100万円未満の金利は12%から17.8%となっています。ちなみにどんな銀行や消費者金融でも当てはまることですが、その金融機関から初めてお金を借りるような人は、この幅のある数字のうち高いほうが適用されると思ってください。

 

理由を述べだすといろいろと複雑なことになってしまうのですが、とにかく初めてのような人は低いほうでも、平均値でもなく、有無を言わさず最も高いものが適用される場合が事実としてほとんどなのです。

 

つまり、初めての人が100万円未満を借りる場合は、17.8%になります。法律で定められた上限が18%ですから、ほとんど法律上の上限ぎりぎりのラインです。確かにこの数字は他の銀行と比べて低いとは言えないかもしれません。他の銀行であれば、100万円未満であっても15%程度の金利が適用されることも多いからです。
しかし、100万円以上となると次第に話は異なってきます。

 

100万円以上150万円未満の場合は、6%から14.8%となっています。つまり初めてであれば14.8%になるわけですが、これは他の銀行と比べてもそん色ない数字になっています。

 

150万円以上300万円までの場合は上限12.8%となっており、もうこれは他の銀行と比べても低いと言えるかもしれません。より高額になると上限金利も低くなっていきますが、ここで全てを列記してもあまり意味はないでしょうから、300万円までの数字を挙げるに留めておきます。

 

全般的に、100万円未満の融資であれば、わざわざオリックス銀行を選ぶだけの意味はあまりないかもしれません。先ほども書いたように、銀行によってはこの程度の融資金額でも15%程度であることは十分にあります。そういう銀行を選んでもよいでしょう。

 

ただし、消費者金融との比較においては、決して劣ってはいません。消費者金融の場合は法律上の上限である18%ぎりぎりの値を設定していることが普通だからです。そういう意味では、決して損をするような銀行ではありません。

 

一方、100万円以上、さらには150万円を超えてくるような金額になると、オリックス銀行は他の銀行と比べて優位性が出てきます。ということは、例えばおまとめローンなど、複数のローンをまとめて借りかえるようなケースでは、オリックス銀行で融資を受けることを第一に考えてもよいでしょう。

 

 

 

思っていたより限界額を高く設定してくれたオリックス銀行

オリックス銀行から借りる為に申込をする際には、まずは限界額を設定する事になります。限界額が60万になった時には、40万や50万などで借りる事ができるのですが、61万以上は難しいですね。

 

そして限界額が高い方が、手数料を低めになる傾向があります。ですので人々は、より高い限界額を求めている傾向があるのです。

 

ところで以前に上記の銀行で申込をした方は、思わぬ限界額の高さで驚いたのだそうです。実はその方の場合は、オリックス銀行での限界額を50万と設定するつもりだったようなのです。

 

ところが実際に申し込みをしてみると、

 

それよりもかなり高い金額になっていたようですね。200万円台と設定されていたようです。まさかそこまで高い限界額になると思っていなかったので、ちょっと驚いていらっしゃいました。

 

驚いていらっしゃったと同時に、喜んでいたようですね。前述のように限界額が高い方が、手数料を低めになるからです。

 

このようにオリックス銀行で申込をしますと、初めに考えていた限界額よりも高く設定してくれる事がある訳ですね。もちろん限界額が高い方が、申込者にとっては嬉しいものでしょう。

 

ちなみに他の金融会社によっては、そのような事は発生しない所もあります。それが起こり得るのが、この銀行の良さの1つですね。