MENU

アコムへの申し込みと在籍確認 会社連絡あり?

 

急な出費で日曜日にお金を工面する必要ができたことがあります。

 

日曜日に申し込んでも即日融資を受けられるところを探したら、

 

アコムのむじんくん自動契約機からお申込みすれば日曜でもお金が借りれるという情報をネットで知りました。

 

さっそくアコムの審査を受けたのですが、

 

勤務先への在籍確認の際、本人が自動契約機内に居る状態なので大丈夫かなと心配になりました。

 

しかしアコムの会社名は名乗らずに担当者の名前で電話をかけてくれました。

 

本人が不在でも電話に出た会社の人が今は不在ですとお伝えするだけで良いのですね。

 

日曜日でも営業している会社だったので問題なく在籍確認を終了することが出来ました。

 

ですが本人がケータイを持っているのに、個人名の電話が会社にかかってきたので、

 

会社の人には在籍確認だと分かってしまったかもしれません。

 

それでもアコムだと知られることが無いように配慮してくれたのは有難かったです。

 

在籍確認が終了したらすぐにカードが発行され、

 

受け取りしたカードを使って近くのATMから当日中に必要なお金を工面することが出来て助かりました。

 

アコムのむじんくん自動契約機なら日曜日にお申込みしても即日融資が受けられるのですね。

 

これからは急な出費があってもアコムのカードを持っているのですぐに用意できそうです。

 

またお金に困ったらアコムにお世話になるつもりです。

 

 

アコムキャッシング増額審査の口コミ

 

社会人隣一人暮らしをするようになってから、自由に生活することができるようになり、ショッピングや旅行にもよく出かけるようになっていました。給料の範囲内で抑えておけばよかったですが、ついつい使い過ぎてしまうようになり給与が足りなくて生活ができなくなってしまいはじめました。でもそれでも買い物をしたり出かけることが辞められず、消費者金融を利用することにしました。

 

規模も大きいし信頼できることからアコムで借り入れることにし、無事に審査も通りお金を借りては返すの繰り返しの日々でした。最初の上限額だけでも何とかなっていて、返済も滞ることなくできていましたが、増額できるならしたいなという気持ちもありました。でも増額は難しいということを口コミで見たことがあったので、多分無理だろうなと思っていたし、特に何かしたわけではありません。

 

そんな時にふと増額の案内がウェブサイト上に表示されるようになりました。増額できる金額もそれほど多くなかったし、増額する必要もないかなとは思いましたが、もし急にまとまったお金が必要となったらという思いが芽生え、増額することを決めました。

 

アコム側から増額の案内が来ても、増額できるばかりではないということもあり増額審査は少しドキドキしました。増額となれば面倒な手間がかかるのかなという気もしていましたが、実際には増額の申し込みをするボタンを押して三十秒ほど経過した後にすぐに増額しましたというふうに切り替わりました。

 

初めて申し込んだ時のように審査に時間がかかることもなかったし、こんなに簡単なことなんだなということに拍子抜けしてしまったくらいです。後日自宅に増額の案内の封筒が届きました。増額したことで気持ちも大きくなり、お金を借りることも増えましたが、滞ることなく返済をしていると、三ヶ月か四ヶ月ほどしてまた増額の案内がウェブサイトに表示されるようになりました。

 

あまり繰り返して増額していくとよくないのかなという不安もあったし、あまりに簡単に増額することができたので何かデメリットやリスクがあるのではないかという不安が急に芽生えはじめて、増額に対する問い合わせをする電話をかけてみました。とても丁寧に対応してもらうことができたし、特にデメリットやリスクがないということも分かったのでよかったです。ウェブサイトからだけではなく、電話や無人機でも増額することができるというのもよかったです。

 

免許証の提示や源泉徴収票も必要ないし、やはり増額はイメージしていたよりも手間がかからないんだなと改めて感じました。でも返済が滞ってしまうと増額はできなくなってしまうどころか、限度額が引き下げられてしまうこともあるようなので、滞らないように気をつけておこうと思います。

 

お金を借りることに対してよくないイメージがありましたが、返済できる範囲内ならば借りることで生活がしやすくなると思うし、アコムは信頼できます。

 

 

アコムキャッシング審査在籍確認について

 

長い人生の間には、急にまとまったお金が必要になることもあります。しかし、そんな時に限って貯金を使い果たしたり給料日がかなり先のことも良くあります。知り合いに頭を下げて借金をする方法もありますが、他人に迷惑をかけたくないならば。金融業者などが扱うキャッシングを利用するといいでしょう。

 

キャッシングならば、担保や保証人をたてる必要がないので、誰にも迷惑をかけず自分の責任で借金ができます。

 

キャッシングに申込めば誰でもお金を借りれるわけではなく、審査に通る必要があります。審査基準は金融業者によって違いますが、ほとんどの金融業者で在籍確認審査もあります。

 

在籍確認とは、申込み用紙に書かれた勤務先に本当に働いているか金融業者の担当者が電話をかけて確認するものです。

 

金融業者としては、貸したお金をしっかり返済してもらいたいので、毎月決まった収入があることがお金を貸す条件になります。なので本当に働いているのかが重要な審査ポイントになるというわけです。

 

 

アコムのキャッシングに申込む場合は、必要書類として運転免許証や健康保険証などの本人確認書類と、源泉徴収票や確定申告書などの所得証明書を提出する必要があります。所得証明書が必要なのは50万円を超える借り入れの場合なので、50万円以下の借入の場合は所得証明書は必要ありません。

 

アコムでも他の金融業者と同じように、申込用紙に書かれた勤務先に電話をかけて確認する在籍確認はあります。金融業者から職場に電話がかかってくると、キャッシングに申込んだことが周りに知られるかもと不安になる人もいますが、アコムでは会社名は名乗らず担当者の個人名で電話をかけるので、周囲にキャッシングをすることは知られずにすみます。

 

アコムの在籍確認で本人が電話に出れば、それで審査は終了となります。もしも営業などで外出していて本人が電話に出ることができない場合は、本人がその職場に在籍していることがわかれば審査は終了となります。

 

アコムではいきなり勤務先に電話をかけることはせず、必ず本人に勤務先に電話をかける許可を得てから電話をかけるので安心です。申込む時に書く勤務先の電話番号ですが、できるだけ自分が働いている職場に直接つながる電話番号をかくことが大事です。大きな会社だと代表の番号を書いても取り次いでくれないケースもあります。

 

派遣社員の場合は、派遣元と派遣先の電話番号を書くといいでしょう。どちらか一つだけ書かなければいけない場合は派遣元の電話番号を書くといいでしょう。

 

勤務先に電話をかける在籍確認が難しい場合は、アコムでは別の方法に替えてもらう方法があります。事情をきちんと説明すれば他の方法を提案してくれます。
在籍確認の代わりになる書類を提出する方法を提案される時もあります。

 

その必要書類とは社会保険証や直近1か月分の給与明細書などです。他にも写真入りの社員証を提出するといいでしょう。ただしすべての人がその方法が適用されるわけではないので気をつけてください。

 

 

アコムキャッシングは主婦でも借りれる?

 

アコムキャッシングは残念ながら主婦では借りることができません。これは総量規制という法律が影響していて、そのために全く借りることができなくなっているのです。この法律はどういう内容かというと、個人が融資を受けることのできる金額の上限を年収の三分の一までに制限するという法律です。自分の背丈を越えた無謀な借り入れをした結果、家計が破綻してしまう人が後を絶たないことから作られた法律です。

 

この法律では、借りることのできる金額はダイレクトにその人の年収が影響してくることになります。配偶者など、家族の年収は何の関係もありません。

 

影響するのは本人の年収のみです。この法律により、収入のない主婦はお金を一切借りることができなくなってしまっているのです。

 

ただし、世の中のあらゆるケースにこれが当てはまるわけではありません。まず、同じ主婦ではあっても、自分自身に収入のある人は何の問題もありません。

 

借りることができなくなるのは自分に収入のない人だけであり、主に家庭を守っている女性という存在の全てがお金を借りられなくなるわけでも何でもないからです。

 

この場合、もちろん正社員や公務員であれば望ましいですが、それすらも必須ではありません。契約社員や派遣社員、さらにはパートタイマーであっても、本人に収入があるという点では同じですからアコムに申込むことができ、審査に通ればお金を借りることができます。

 

ただ、パートタイマーなどの場合は、安定した収入があるかという点で審査を受けることになる可能性はあります。

 

総量規制とは無関係に、アコムからお金を借りようとする場合には、安定した収入があることが求められるからです。安定した収入とは収入の多さではありませんし、また仕事そのものの安定性とも異なります。だいたい毎月決まった金額の収入を得ていることと考えればよいでしょう。

 

ですから、パートタイマーの場合は、だいたい決まったシフトで働きに出ていて、月ごとに多少の変動はあってもほぼ同じレベルの収入を得ていることが条件となります。

 

もう一つ、この総量規制の対象となるのは貸金業者、いわゆる消費者金融だけだということです。同じお金を借りるのであっても、消費者金融ではなく銀行からお金を借りる場合はこの規制は適用されません。

 

アコムは残念ながら銀行ではなく消費者金融ですからこの規制の適用対象となってしまうのですが、消費者金融以外の銀行などであれば関係ないのです。

 

最近では消費者金融なのか銀行なのか非常に分かりにくいCMなどを流しているケースも増えていますが、ウェブサイトなどで調べれば誰にでも両者の判別はつきます。そのように事前に調べた上で、銀行カードローンに申込めば、本人に収入のない専業主婦だからといって申込みを受け付けてもらえないなどということはありません。

 

結論として、専業主婦はアコムから借りることはできません。借りるためにはパートでもよいから仕事をするか、銀行のカードローンに申込むことが必要です。

 

 

 

 

 

 

アコムキャッシング即日融資可能?

 

アコム株式会社は三菱東京UFJ銀行と同様に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社です。同社の提供するカードローンサービスは三菱東京UFJ銀行が行うカードローンが銀行系カードローンに分類されるのと異なり、消費者金融系とされます。そのため貸金業法による総量規制の適用があります。

 

一般的にはカードローンは銀行系、消費者金融系、信販会社系の3つが存在します。

 

グループ会社である三菱東京UFJ銀行のカードローンは銀行系なため貸金業法の適用外です。総量規制の対象とならないため年収の3分の1を超過する融資ができます。一方アコムのカードローンは融資限度額に法的な制限が存在します。

 

融資限度額に法的な制限があるために、必然的に融資額は少額になるため審査も銀行系ほど厳しいものではありません。また銀行系は金利が低く設定されていることも厳格な審査が行われる理由の1つですが、アコムの金利は3%から18%とカードローンとしては一般的なものです。

 

年収や勤続年数など基礎的な条件を満たしていれば、容易に審査を通過することができます。

 

一般的にカードローンの金利は日割り計算で算出されます。利用期間が長くなるほど支払う利息の総額も増加することになるため、なるべく早い期間で返済するのが合理的です。アコムの場合には初めての利用者であれば契約日の翌日から30日間は無利息とされています。

 

カードローンのキャッシングでは、毎月の最低返済額に加えて任意に返済することもできます。初めて融資を受ける場合には、契約後30日以内に返済を完了すれば無利息となるため魅力的なサービスです。

 

アコムでキャッシング契約を申し込む方法は店頭、無人契約機、インターネット、電話によるものがあります。いずれの方法を選択した場合にも最短だと1時間ほどで契約が完了し即日入金を受けることも可能です。インターネット、店頭、無人契約機を利用した場合には最短30分で審査が完了します。即日入金を希望するならば平日14時までに契約を完了させ、指定金融機関への振込の依頼をすることが必要です。さらにネット銀行を利用すれば24時間いつでも融資を受けることができます。

 

契約を成立させるためには勤務先への在籍確認が必須となります。在籍確認の電話の前には必ず本人の携帯電話か自宅への確認の電話が行われるため、最初から勤務先への電話が行われることはありません。また在籍確認が行われるのは最初の審査が行われる場合のみです。

 

別のサービスに申し込む場合や解約後に再度申し込む場合でなければ、その後のキャッシングで在籍確認は行われません。確認の電話が行われる時間帯については担当者と相談して都合のよい時間を希望することができます。

 

担当者が用件などを答えることもないので、キャッシングを利用していることを職場の人に知られる心配も無用です。

 

本人が在籍確認の電話に出た場合には契約が成立し手続きは終了となります。一方本人が不在の場合でも、在籍していることが確認できれば契約は成立します。

 

 

 

アコムキャッシングの金利はほかの銀行キャッシングと比べて高い?

 

高いと言えます。アコムの金利は18%からになっています。銀行キャッシングとなると、カードローンであれば14%台もありますので、その差は大きいと言えるでしょう。金利に関しては銀行キャッシングに劣ることになりますが、それ以上に優れている点もありますので、ここにメリットを見出すことができれば、18%というアコムの高い金利を乗り越えることができるでしょう。

 

その優れている点は利便性と言えます。いろんな意味で利便性を指摘することができますので、ここにメリットを見出すことができれば、アコムの高い金利である18%の意味を見出すことができるはずです。

 

その利便性のひとつにあげられるのが、柔軟な審査を行っている点です。銀行キャッシングというと、最近は保証会社に消費者金融や信販会社が付いていることから、柔軟になっていると言えますが、消費者金融と比べるとやはり厳しくなると言わざるを得ません。この点からみれば審査に不安を抱えている人は利用する価値があると言えるでしょう。

 

ただし柔軟な審査において、少し注意点を持っておく必要があります。消費者金融には総量規制があり、これは年収の3分の1以上を借りることができません。]

 

よって年収3分の1を超えるようなことがあれば、申し込むことができないことになります。また消費者金融は50万円以上、他社からの借り入れになると総額100万円以上で収入証明書が必要となります。このようなケースに該当する人には、利便性が薄らぐこともありますので注意をしておきましょう。

 

また銀行キャッシングに比べると、会員ページが充実している点があげられます。ネット社会になってから、各社会員ページを設けるようになっており、インターネットバンキングを活用して利用をすることができるようになりました。

 

ただ銀行キャッシングになると、充実度が消費者金融よりも落ちることが多々あり、この点において大きなメリットがあると言えるでしょう。またアコムは24時間土日祝日も振込が可能になっている銀行口座を持っていれば、振込サービスを活用することができます。この点は銀行キャッシングにはない大きなメリットと言えるでしょう。

 

該当する銀行口座を持っていれば、わざわざカードを持っていないでもスマートフォンから捜査をするだけで、平日の15時に縛られないで土日祝日でもキャッシングができるようになります。

 

金利において銀行キャッシングよりも高くなることになりますが、ある条件に該当をすれば、それ同様もしくは低くなるケースもあります。それは多額の金額を融資することです。

 

あくまでも最大が18%になっており、融資金額が増えることによって金利が低くなるケースもあります。あくまでも融資金額だけではなく、今までの利用状況などから判断されて決まることであり、誰でも利用できるわけではありませんが、このようなケースにおいてアコムでも低くなることがあります。